甘くて美味しいハウスみかん 出荷始まる!🍊

当JA果樹部会ハウスみかん部会は6月29日、日置市東市来町の片平勇作さんの園地で「ハウスみかん鋏入れ式」を開き、生産者やJA、行政など約40人が出席。テープカットで収穫を祝いました。

JA管内のハウスみかんは生産者7人が161㌃で栽培し、今年は67㌧の出荷を計画。また、同部会は他品種より色つきが早く、糖度上昇に期待が持てる「かごしま早生」の植栽を平成15年から開始。令和3年産は栽培面積の9割以上を占めます。7月中旬から下旬にかけて出荷ピークを迎え、販売は8月上旬頃まで続く見込みです。なお、①糖度12度以上②クエン酸0.8㌫以下の厳選品は「ハウスパンダリン」として出荷します。

また、同日、13回目となる「かごしまの農林水産物認証制度」の認証証書を同部会へ授与しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑出荷を控えたハウスみかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ハウスみかんをPRする片平さん(左)と能勢新市JA常務

新鮮な地元の野菜を提供 テレビでインショップを紹介!!

当JAは、安心・安全をモットーとした直売所の売り場づくりに努め、地産地消の拡大に取り組んでいます。

JAは約20年前から直売事業を開始。来店客は年々増加し、販売高は10年で50㌫アップしました。管内には5つのインショップ部会があり、生産者間で栽培情報を共有、JA営農指導員から栽培技術を提供し、より良い農産物づくりを行っています。
また、日吉町でミニトマトやナス等を栽培する、JA日吉インショップ運営協議会の津波雅利さんは、JAグループ鹿児島のテレビ番組「MOGUMOGUふぁーむ」の収録に出演され、育てている野菜とインショップをPR。7月3日に放送されました。
なお、番組では津波さんの出荷先の一つであるAコープまつもと店の直売コーナーも紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑新鮮な地元の農産物が並ぶ直売コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑新鮮な野菜を出荷する津波さん

 

接客や店舗づくりが高評価! JAさつま日置のSSが多数受賞☆

当JA協同サポート㈱のJAーSSが、県の「SSコンクール」で上位に入賞しました!

同コンクールはJA県経済連が毎年行うもので、接客や店舗美化などを審査する「フル・セルフサービス部門」と「石油事業取扱部門」の2つを審査します。

審査の結果、同社の日吉SSが「フルサービスSS部門」で最優秀賞に輝き、5年連続の入賞。また、「セルフサービスSS部門」で郡山SSが最優秀賞に輝きました!

 

他の同JAーSSの成績は以下の通りです。

◇フルサービスSS部門▽優秀賞=阿多SS
◇石油事業取扱優秀SS▽受賞=吹上SS

 

 

 

 

 

 

 

 

↑受賞した各SSの所長

 

 

 

市来農芸高校へ農業機械贈呈!

JAグループ鹿児島は2月8日、県立市来農芸高校で農業機械の贈呈式を行いました。

当日は、JA県中央会、学校関係者、当JA役職員など13人が出席。宇都清照JA組合長がカッター式粉砕機(チッパー)を贈りました。同校はこの粉砕機で葉や木材を細かく砕き、堆肥などに利用される予定です。

また、贈呈後に試運転を行い、細かく粉砕された木屑に参加者は感嘆の声を漏らしました。

同グループは県内の農業高校、農業関係学科がある高校に、1校当たり約100万円の農業機械や農業資材を寄贈する方針です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑粉砕機を受け取る同校関係者(右)とJA役職員

市来農芸高校が見事2連覇!「高校牛児」挑んだ健康な牛づくり🐂

鹿児島県立市来農芸高校(いちき串木野市)は1月15日にオンラインで行われた第4回和牛甲子園で、総合評価部門最優秀賞を受賞し、見事2連覇を達成!2月3日、当JAへ受賞報告に来所され、JAや県経済連などから黒牛・黒豚を贈呈しました。

 

同甲子園は和牛を飼育する全国の農業高校の生徒「高校牛児」たちが、育てた和牛の肉質を審査する「枝肉評価部門」の評価と、和牛飼育体験発表会を通して日々の飼育管理を評価する「取組評価部門」の、2部門で総合評価部門の最優秀賞1校を決定。今年は過去最多の33校が出場し、47頭が出品されました。

 

同校は「牛と共に夢叶える~安全な鹿児島黒牛の生産を目的とした健康な牛づくりの取り組み~」と題して、尿石症の予防や、肉のうまみにつながるオレイン酸を増やす取り組みを発表。「おいしい肉は健康であることが一番」と考え、尿石症予防のため尿のpHをこまめに測り、少しでも予兆があれば利尿剤を投与。健康管理を徹底しました。配合する餌はオレイン酸含有量の多いトウモロコシやきな粉に変え、牛にとって快適な環境にするため、飼育牛舎の掃除も欠かしませんでした。これらの取り組みが、ロース芯やバラの厚さやうまみのある脂肪など、肉質向上に繋がりました。

出品牛2頭のうち「雅生(まさき)号」は、霜降りの度合いを示す脂肪交雑(BMS)ナンバーは最高の12で、A5等級に格付けされました。

 

同校は2部門とも最優秀賞に輝き、完全制覇を達成。取組評価部門は今回で3連覇となりました。さらに、参加した生徒自身が各校を審査する新設部門「高校牛児特別賞」も受賞しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑2連覇を達成した同校畜産部と参加者

地元の野菜を子どもたちへ 郡山給食部会の功績表彰!

当JA郡山給食部会は2月2日、鹿児島市役所で、園芸振興や地産地消の推進を長年続けてきたことに対し、優秀園芸生産者集団として同市から表彰されました!

 

同部会は地元農産物を子どもたちに食べてほしいという思いで平成20年に結成し、現在は専業農家が中心に所属。郡山町の学校給食へ、安心安全な地元農産物を提供しています。

また、会員相互の圃場視察を実施し、品質や生産性の向上を図るなど安定的な食材供給に努めています。

 

さらに、同町内の小学生と一緒に給食を食べる「交流給食」の日を設けています。その中で具材として提供したニンジンやジャガイモなど農産物の成長過程などを教える食農教育活動も行い、地産地消、地域や農業の理解促進に大いに貢献しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑表彰状を受け取った茶圓部会長(左)

畜魂祭 家畜への感謝と健康祈る

鹿児島中央畜連は1月15日、鹿児島中央家畜市場で畜魂祭を開き、生産者や行政、当JA役職員など約50人が参加しました。

畜魂碑に野菜や酒、玉串などを奉奠し、家畜の健康や供養のため祈りをささげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑畜魂碑へ祈りをささげる参加者

さつま日置の新鮮農産物ぜひ食べて!青年部フェア開催

当JA青年部会は1月23日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館で農産物の直売会「青年部フェア」を開きました。

 

フェアは、部会員が消費者へ直接JA管内産農産物を販売・PRし、青年部活動への理解を深めることが狙い。当日は店の敷地内に設けた特設ブースでいちご、茶、サツマイモなど10品目を販売しました。開店と同時に多くのお客様が訪れ、新鮮な農産物は大好評でした!売上目標の15万円を達成し、過去10年間の実績の中で最高売上となりました★★

 

今回のフェアは「コロナに負けるな」ということで特別企画も実施。青年部会の中で生産者が多く、新型コロナウイルスの影響や価格低迷等で厳しい状況の茶を応援するため、ご購入の方全員へほうじ茶をプレゼントしPRしました!また、500円以上ご購入頂いた方には先着100人に米もプレゼントしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑大盛況の青年部フェア

“わっぜうまか”薩州ぽんかん 今年も出番!!

当JA果樹部会は1月21日、いちき串木野市の市来神社で、「本格貯蔵 薩州薩摩」祈願祭及び出発式を開きました。生産者や行政、JA役職員など約30人が出席し、地産地消の拡大と一層の銘柄確立を祈りました。出荷は鹿児島市場を中心に1月下旬から2月上旬まで続き、出荷量は30㌧を見込みます。

 

また、同部会は2020年の12月に10回目となる「かごしまの農林水産物認証制度(K―GAP)」を取得。同日、認証証書が授与されました。同部会は生産者13人、267㌃で栽培。令和2年産は長雨が続きましたが、その後は天気に恵まれ生育は良好。1月18日の分析で糖度12.6度、クエン酸0.88㌫と上々の仕上がりです。

 

す上がり、水腐れが少ないぽんかん品種「薩州」の中でも「本格貯蔵 薩州薩摩」は、光センサー選果機で糖度12度以上、クエン酸0.9㌫以下の基準をクリアした、 “厳選品”。JA選果場での強制予措や、貯蔵庫で1ヶ月以上果実を予措・貯蔵して熟成させています。予措・貯蔵では十分に換気を行い、繰り返し果実の上下を入れ替える事で程良く乾燥させ、品質向上に努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑PRする生産者

 

 

 

↑10回目のK―GAPを取得した「本格貯蔵 薩州薩摩」

 

 

 

 

 

JAのサワーポメロ まもなく出番!

当JA果樹部会中晩柑部会は1月19日、北部営農センターで令和2年産サワーポメロ出荷協議会を

開きました。

当日は、同部会員・JA関係者など約20人が出席。出荷要領を確認し、貯蔵中・収穫後の管理の徹底、丁寧な出荷作業を呼びかけ、計画的出荷で有利販売に努めることを決めました。

令和2年産は台風の影響で大幅な減収および風傷果等の被害が発生しましたが、色味もよく大玉傾向。JA管内では生産者17人が約500㌃で栽培しており、令和2年産は出荷量約20㌧、販売額約400万円を計画。3月上旬から中旬まで出荷は続き、同営農センターでも購入できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑丁寧な出荷作業を呼びかける西拓郎同部会長(左上)