☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡 【ひだまり10月号掲載分】

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡
【ひだまり10月号掲載分】

最後の夏休みにおにぎりを持って公園へ。
涼みながらのおにぎりは格別においしかったようで、沢山食べてくれました。
(しょうママさん)

●応募特典
JADDOポイントプレゼント!!
①応募者全員に300ポイント!
②さらに!月間グランプリには2000ポイント!!
③さらに!さらに!!「年間グランプリ」には5000
ポイント!!!
【広報誌「ひだまり」2020年3月号にて発表】

●応募方法
応募先:hok.kikaku@ks-ja.or.jp
記載項目:住所・氏名・写真+写真に対するコメント・ペン
ネーム(なければ氏名を掲載します)

件名に「おにちゃんフォトグランプリ」とつけて送信!!

募集期間:月末締め

注意事項:おにぎりは手作りのものに限らせていただきます。お一人様、ひと月につき、応募写真は1枚でお願いします。

 

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡 【ひだまり9月号掲載分】

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡
【ひだまり9月号掲載分】

 

姪っ子からピクニックしたい!と言われ、七夕さん弁当を作ってみました。
彦星と織姫を作るのは大変でしたが、喜んで食べてくれました!
(東市来地区 まりママさん)

 

●応募特典
JADDOポイントプレゼント!!
①応募者全員に300ポイント!
②さらに!月間グランプリには2000ポイント!!
③さらに!さらに!!「年間グランプリ」には5000
ポイント!!!
【広報誌「ひだまり」2020年3月号にて発表】

●応募方法
応募先:hok.kikaku@ks-ja.or.jp
記載項目:住所・氏名・写真+写真に対するコメント・ペン
ネーム(なければ氏名を掲載します)

件名に「おにちゃんフォトグランプリ」とつけて送信!!

募集期間:月末締め

注意事項:おにぎりは手作りのものに限らせていただきます。お一人様、ひと月につき、応募写真は1枚でお願いします。

 

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡 【ひだまり8月号掲載分】

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡
【ひだまり8月号掲載分】

子ども達のリクエストのくまモン弁当です!
子ども達の大好きなそぼろご飯のおにぎりで作りました。主人もおそろいです☆
(日吉地区 ほこちゃんさん)

 

●応募特典
JADDOポイントプレゼント!!
①応募者全員に300ポイント!
②さらに!月間グランプリには2000ポイント!!
③さらに!さらに!!「年間グランプリ」には5000
ポイント!!!
【広報誌「ひだまり」2020年3月号にて発表】

●応募方法
応募先:hok.kikaku@ks-ja.or.jp
記載項目:住所・氏名・写真+写真に対するコメント・ペン
ネーム(なければ氏名を掲載します)

件名に「おにちゃんフォトグランプリ」とつけて送信!!

募集期間:月末締め

注意事項:おにぎりは手作りのものに限らせていただきます。お一人様、ひと月につき、応募写真は1枚でお願いします。

 

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡 【ひだまり7月号掲載分】

☆月間おにちゃんフォトグランプリ(第1位)発表☆彡
【ひだまり7月号掲載分】

自分で握って食べるオニギリが大好きな娘!
もりもりたべて大きくなってね
(吹上地区 まあいなちゃんママさん)

 

●応募特典
JADDOポイントプレゼント!!
①応募者全員に300ポイント!
②さらに!月間グランプリには2000ポイント!!
③さらに!さらに!!「年間グランプリ」には5000
ポイント!!!
【広報誌「ひだまり」2020年3月号にて発表】

●応募方法
応募先:hok.kikaku@ks-ja.or.jp
記載項目:住所・氏名・写真+写真に対するコメント・ペン
ネーム(なければ氏名を掲載します)

件名に「おにちゃんフォトグランプリ」とつけて送信!!

募集期間:月末締め

注意事項:おにぎりは手作りのものに限らせていただきます。お一人様、ひと月につき、応募写真は1枚でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

「100人でいただきます」!in いちご畑

日置市役所と日置市いちご部会の共催で3月2日、

日置産イチゴのブランディング企画が日置市伊集院町で開かれ、

県内各地から集まった参加者を日置産イチゴでもてなしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は新品種ぴかいちごを含め4種類のイチゴの食べ比べの他、

イチゴ丸ごと1個入った生ぬれどら焼き、いちご紅茶、

いちごと桜のジャムなどでいちごづくしのひとときを過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴ好きにはたまらない企画ですね( *´艸`)

大盛況だった本イベント!

日置市の美味しいイチゴをたくさんの方々に

知ってもらう企画になったのではないでしょうか。

松崎さん ソリダコで最高賞

ソリダコってお花、聞いたことがありますか?

黄色い小さな花が連なって咲いていてボリュームがあり、アレンジメントや花束に添えると

メインの花を引きたててくれる名脇役。

カスミ草のように、ちょこんと添えられている花。

花言葉は「内気」「振り向いて」「永久」「用心」などで、全体的に控えめな内容の花言葉ですね。

そんなソリダコを栽培している松崎さんが、2018年度鹿児島県フラワーコンテストで応募総数210点の中から最高賞の農林水産大臣賞を受賞され、当JAに受賞報告に来てくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非この機会に「ソリダコ」を認知してもらえると嬉しいです。

「みんな振り向いてね♪」

 

 

 

ポンカン(品種名☆薩州)出荷始まる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンカン農家の西中間勉さん(78)。

収穫後、十分に換気を行いながら、繰り返し果実の上下を入れ替えをされているようです。

1ヶ月以上貯蔵することでより糖度が増し、おいしいポンカンに熟成されるようです。

収穫後も時間と手間をかけて、たゆまぬ努力があるのですね。

時代背景の中には約50年余り、陽の目を見る事のない品種だったという事実が。。。

陽の目を見るまで農家さんが大切に守り育ててこられたのですね。

なんとも感慨深いポンカンです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月28日市来神社で祈願祭を開き、8回目となる農林水産物認証制度の(K-GAP)

表彰式も行われました。

1月下旬から2月下旬にかけて鹿児島市場を中心に出荷されるようです。

みなさま、貯蔵してあま~くなった「薩州薩摩」をどうぞよろしくお願い致します(*^-^*)

いちごの名産地~♪

なんと、日置市は志布志市に次ぐイチゴの産地なんです。

思いのほか認知されていないので、ここで日置市のイチゴについてご紹介したいと思います。

約60年程前、伊集院町中川地区でイチゴ栽培がスタート。

当時はまだ珍しい作物という事もあって鹿児島の市場で70%を占めるまでになりました。

そして数年後に東市来地区でも、栽培がスタート。

ところが1970年代後半になるとイチゴ産地が増えた事による競争が激しくなり、

また生産者の高齢化が進み、栽培農家は一気に減少しました。

伊集院、東市来地区の生産者で作る「日置市イチゴ部会」が結成され、

2019年現在、日置市に33名の農家さんとそれだけの農園の数があるということになります。

すごいですね~。

日置市で栽培されている品種としてさがほのか、さつまおとめ、べにほっぺ、

そして最近新品種として販売がスタートした「ぴかいちご」も市場に出荷されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴかいちご、糖度が高くてその名の通りぴかぴかした

イチゴのようです( *´艸`)

食べてみたいですね♪

旬真っ只中なイチゴを食べに是非、日置市へお越しください(^^♪

 

東市来の片平観光農園ではイチゴ狩り体験ができます☆彡

詳しくは【片平観光農園】で検索!!!

 

 

 

和牛甲子園?

今回で第2回となるその名も和牛甲子園!!

全国の高校で和牛を肥育している高校牛児たちが肉質と取組内容を競い合う大会です。

前回を上回る23校が出場。同大会で鹿児島県立市来農芸高校が取組評価部門で最優秀賞を受賞。

「牛と共に夢叶える」のタイトルで「快適性に配慮した飼養環境」を題材に発表しました。

「自分たちの活動を分かりやすく、心に響くような発表ができるように練習を重ねた」

と苦労を語りました。この他、枝肉評価部門でも優良賞3頭のうち、2頭が入賞しました。

高校生の活躍、嬉しいですね☆☆☆

1月29日に当JAに受賞報告に来て下さいました!

受賞記念として約4キロの牛ロース肉を贈呈!

今後の市来農芸高校の活躍に期待したいですね ☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「七草粥差し上げます!!!」

1月7日は七草でしたね(*^_^*)

みなさんは召し上がりましたか?

鹿児島では薩摩藩の時代から伝わる伝統行事で、数えで7歳になる子どもは晴れ着を着て、

親と一緒に重箱を持って近所7軒を周り、七草粥をもらいにいく風習があります。

鹿児島弁で、「七所(ななとこい)のずし」とも呼ばれるそうです。

そんな今年の七草。

市来支所では、おもてなし活動を行っていました!

 

 

なんと!

近所の神社でお参りを済ませた親子を支所へご招待。

そこには7人のお姉さま方が待っていました(*´ω`*)

ここで7軒分の七草粥と紅白餅を貰えるというのです。

すごい企画です!!!

 

 

 

 

 

さぁ晴れ着姿の子どもたちがやってきました!!!

バイキング形式で貰っています。

お姉さま方もにこやかで楽しそうな雰囲気が伝わってきますね(*^-^*)

ちなみにこの方々はJA女性部会のメンバーです。

 

 

 

 

 

 

いざ実食!!!

各家庭で味わいの違う七草粥を、色んな会話を弾ませながら

食べられたことでしょう。

このご時世、ご近所の同士の付き合いが希薄になりつつありますが、

鹿児島の伝統文化を次世代に残し、大切にしたいと思う気持ちが伝わってくる

そんな人情味あふれる素敵な七草の日でした。