ひだまり3月号
11/16

笑顔をあなたに笑顔をあなたにAコープ鹿児島郡山店の総菜コーナーで働く坂口さん。商品の陳列や、お弁当の注文の受付け等をしています。チラシに掲載しているセール品は開店前に用意し、品切れにならないように気を付けています。「お客様のご要望に応えられた時にやりがいを感じる。「ありがとう」と言われると“この仕事をしていて良かった”と思います」と笑顔で話します。休日は、近所のスーパーに出かけ、惣菜や陳列法を見て、セール品の見せ方を勉強しています。ゲームが趣味の坂口さん。主にスマホやTVゲームのアクションゲームをするそうです。「ネット通信でプレイヤーと会話できるゲームが好き。プレイだけでなく、仲間と楽しくおしゃべりできるところも魅力」と話します。「商品の上手い見せ方を学び、さらに仕事が円滑に進むよう同僚ともっとコミュニケーションを取りたい」と話してくださいました。郡山地区  坂さか口ぐち 興よう市いち さん(23)きばっちょっど“商品の見せ方を学び、従業員と協力して仕事に励みたいです”父と一緒に「森の蔵農園」でみかんやポンカン、レモンなどを栽培する高橋さん。果実だけでなくジャムも製造していて、熱湯消毒など、衛生面には特に気を付けています。1番の自慢は「大里みかん フリーズドライ」。薄皮でコクと旨味のある大里みかんの水分を飛ばして作ったお菓子で、サクサクとしていて、酸味が旨味と甘みに変わります。また、唾液ですぐに柔らかくなるので、飲み込みやすいのも魅力。地元の物産館やイベントなどで販売しています。「休日は、娘二人のソフトボールの試合の応援で大忙し」。高橋さん自身も学生時代は野球をしていたそうです。「時間を作って子どもたちの自主練に付き合いたい」と高橋さん。「「おいしかった」と言われると“作って良かった”と思う。これからも両親が守ってきた農園を大切にして、おいしい果実を作り続けたいです」と話してくださいました。市来地区  高たか橋はし さやか さん(35)“農園を守り、おいしい果実を作り続けたいです”11ひだまり 2020年3月号

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る